まぶログ

脱サラ、移住、起業、地域活性化、まぶログのリアルな体験記

積極的に生きる

ある朝、
起きてすぐトイレに行くと
目の前が真っ暗に。

ふらつく身体を持ち直し
リビングに向かったが
どうにも心臓が苦しい。

鼓動が、早い。

実はそれまでも
脈がおかしいことはあった。

ただそれは通常「ドクドクドク・・・」が「ドックン」と
大きく溜めてからうつような感覚で、その一瞬だけ。

でもこの日は
「トゥルルルルル・・・」
といった新幹線の発車のベルのような
脈がずっと続いていた。

しばらくすれば収るだろうと思い
いつものようにお店に行くけど
どうにも収らない。

耐えかねて自宅近くの病院に行くと
「ウチではどうしようも出来ない」
と循環器を紹介される。

しかし時間は
お昼休みになろうとしていたところ。

それならまた明日にでも行きますと
仕事に戻ろうとしたところお医者さんから

「ずっと全力でダッシュしているような状態なんですよ!」

いさめられて
あれよあれよと救急へ。

自分の運転で来てはならないと。

急遽妻が仕事を切り上げてくれて
ハンドルを握ってくれたが
動揺が隠せない様子。

そのドキドキのお陰で
自分は逆に冷静になれたりするから不思議なものだ。

結局その日は「たまたま」症状が治まり帰宅。

約2週間後に自宅で再発し救急搬送。

その後検査を進める中で
命に関わる可能性がゼロじゃないと分かり
手術を決断しました。

この手術が痛いの何のって・・・

「え?全身麻酔じゃないと?」

と思われるかもしれませんが
症状を確認しながらのカテーテル手術のため
リラックス状態では勝手が悪いことから
敢えての部分麻酔とのこと。

電気で心臓を焼かれる感覚は
今まで味わった「あらゆる痛み」の中で
最上級クラス。

あと検査のときに
心臓の鼓動を一時的に弱める
(ていうかほぼ止められるられる)
のですが、これまたサイジョウキュウ。。

一瞬で全身の血の気が引いて急に寒くなり

「あぁ・・・死ぬってこういう感覚なのかなぁ」

と思いました。

心臓を止められて、焼かれて。

生きているウチに
中々経験出来ることじゃないなと思いましたが
出来ればもう経験したく無い。

結局、病気の原因は良く分からないそうなのですが
シンプルにストレスだと思う。

ちょうどその頃
スタッフが一気に3人辞めた。

自分なりに向き合ってきたつもりだったけど
響かなかったし、届かなかった。

コロナ禍の中、
全スタッフの雇用を守ろうと
必死になって働いて挑戦してきたけど
矛盾した結末に虚しさを感じた。

手術の成功確率は50%とのこと。

生きるか死ぬかではなくて
全ての原因を取り去ることが出来るか
最悪の結果を招く原因だけを取り去るか。

結果的には後者となったため
術後一年を経過しても未だ症状は残る。

もしかすると
一生付き合っていくことになるのかもしれない。

あの痛みを乗り越えた結末に
虚しさも感じるけど
あのとき病気とは言え
一瞬立ち止まることが出来て
本当に良かった。

そして変らず、積極的に生きることが出来た。

それは間違い無く
「読書のちから」
のお陰だ。

「情報断食」には

「真空状態が長く続かないように、一気に何かが抜けたら、一気に埋めようとする力が働く」

とあった。

お陰様でたくさんの心強い仲間が入ってくれた。

今度は彼らと向き合う日々が続く訳だけど
良い意味で力を抜くことも学んだ。

私自身に空いた穴に入ってきたものも興味深い。

今年も地魚漬けの毎日だろうけど、
敢えて穴も空けたいと思う。

「くらしのアナキズム」と「自然の哲学」は
これまでローカルで漠然と課題としてきたことに
大きな示唆をくれた。

やはり僕はアナーキーな生き方に憧れてて
地魚BANKはその実践の一つなのだ。

「何故地魚BANKを始めようとしたのか」

何度も取材で聞かれたが
それは中村天風氏に言わせれば
「宇宙霊の仕業」であることを
「力の結晶」は非常に科学的に教えてくれた。

ここ数年の大きな課題は
インプットとアウトプットのバランス。

もし私が出版するとしたら
こんな出版社さんにお願いしたいと
「しずけさとユーモア」
は思わせてくれた。

「本を贈る」で出版という仕事そのものを
見つめ直すことが出来たのも大きい。

「くらしのアナキズム」に戻ると
著者は奇しくも私も前職で赴任した
エチオピア北部での経験が
大きなきっかけとなっている。

何より著者の
この本をまとめた科学者としての気概に
非常に感銘を受けた。

その想い通りに
勇気を頂いた一人として感謝したい。

エチオピアから帰国する際
あのとき一緒に仕事した仲間から
貰った言葉が今になって響く。

「馬淵さんにも良い風が吹きますように」

皆様にも良い風が吹きますように。

f:id:mab-log3:20220111114350j:plain

 

志摩の海鮮丼屋10周年④

うまい魚って、
一体どういう魚でしょうか。

旬の脂が乗っている状態のことを
指すのでしょうか。

いやいや脂の乗りだけじゃなくて
旨味の素、アミノ酸の含有量が・・・

とにかく鮮度が一番!
神経〆、血抜き、●●式で処理しました!

さらにそれを嫌気性菌の繁殖を抑えて
真空包装にして1週間熟成をかけると・・・

やっぱり脂が乗ったマグロの大とろが最高!

でも年を取ってくると
こってりしたものばかりはキツいよね。

やっぱり素材に頼るのではなくて
江戸前の手仕事をしてこそのうまい魚でしょう。

一言にうまい魚と言っても
色んな捉え方があるように思います。

どの視点も否定しませんし、
勉強し続けないといけないことだと思っています。

一方で10年間、地魚と向き合う中で
私自身にとっての
うまい魚の定義は確実に変わりました。

だって旬じゃ無い魚も網には入るし、色んな魚が獲れるんです。
神経〆が上手く行かず血が走ることもあります。
思ったような脂のノリ、サイズじゃない魚もあります。

それでも、
その魚にはたくさんの想いが込められています。

「本鰆シールが貼れるのは脂が乗る11月からやけど、同じように氷締めしとるよ」

「経費はかかるばってん、来年以降のために、天然のイヌツゲば使っとったい」

「市場の方が高く売れるときもあるけど、いつも買ってくれる地元の人も大切にしたいしね」

「あーたが困っとると思って、時化ん中沖さいったとたい!」

こんな想いやご尽力、
さらには地域の歴史、文化を経て目の前に届けられた魚は
それすなわち、うまいと。

次の10年はこんなうまいに、もっと気付いて、もっと伝えたい。

具体的には

■宿泊・ツーリズム「うお旅」事業
■地魚曼荼羅、魚箱を初めとする地魚LIFEデザイン事業

に取り組んで参ります。

令和元年度より取り組んでいる農水省の「農泊推進事業」と共に
今年度は文化庁「上質な観光サービスを求める旅行者の訪日等の促進に向けた文化資源の高付加価値化促進事業」に採択頂いております。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/bunka-jyoushitsu.html

うまい魚を これからも ずっと。

地魚BANKの新しい挑戦、引き続きお付き合いの程、
何卒宜しくお願い申し上げます。

f:id:mab-log3:20211003155144j:plain

f:id:mab-log3:20211003155153j:plain

f:id:mab-log3:20211003155213j:plain

f:id:mab-log3:20211003155236j:plain

f:id:mab-log3:20211003155402j:plain

f:id:mab-log3:20211003155417j:plain

 

志摩の海鮮丼屋10周年③

10周年を前にして、
当時私達の挑戦にGOを出して下さった
ある方に聞いたことがあります。

「あのとき何で僕達に任して下さったんですか?」

当時は糸島で活動し始めてから未だ1年余り。

それこそ海の者とも山の者とも知らない
コンサル上がりの典型的な怪しい奴。

当時は本当に何も知らなかったので
当たり前のように出店計画を進めていましたが
今考えてみると、どう考えてもおかしいのです。

それはもう、ほとんど、
ミッション・インポッシブル。

何故なら、直売所は地域の素晴らしい生産物だけでなく
地域の色んな方の思いが集まる場所だからです。

それだけに様々な運営の難しさがあるのは
日本全国津々浦々、共通のことだと聞きます。

つまり、そもそも私達である必要の無い案件であり、
むしろ他の人の方が上手く可能性が高かっただろうと
客観的に見ても確信的に思うのです。

それでもお店を始めることが出来た理由の一つとして
まず挙げられるのは、
恩師が積み上げてきた信用だと思います。

そもそも

「志摩の海鮮丼屋を始めよう!」

と言い出したのは、その大学時代からの恩師です。

私は言われるがまま、その役割を全うしようとした
というのが実情。

(これはまたの機会に書くかどうか分かりませんが、私は別の道に進もうとしていて、事実某地場企業の人事の方との面接も済ませていたところでした)

それでも、それだけでは説明が付かない訳です。

くどいですが、どう考えてもおかしい。

いずれにせよ
志摩の海鮮丼屋始まりの最大の疑問について
10年経ってようやく伺うことができました。

勇気を出して聞いたその答えは・・・

 

 

「お前は何かやってくれそうな気がしたったい」

 

 

 

ただただ有難く、
その器の大きさこそが糸島の底力なのだと
改めて思うとともに、私自身もそのような人間になりたいと
強く思いました。

この方、恩師だけに限らず
当時力を貸してくれた方々とは
今では疎遠になってしまいましたが

「あのときの恩をどうしたら返せるか」

は私の人生の大きなテーマの一つです。

ただ10周年を迎えた今このタイミングで
変に御礼を言うのも、何か違う気がしています。

「未だ何かを成し遂げた訳ではないだろう」

仲間達ならきっとそう言うはず。

JF糸島様、志摩の四季様を始め
お客様、たくさんのじざかなかま、
そして糸島の漁師を中心とする生産者に支えて頂きながら
ゼロだった自分達に小さなイチを足し続けてき結果、
10年が経ちました。

田んぼ中にある直売所の片隅、
たった25席のお店から始まった地魚物語。

玄海灘同様に予測が難しく気まぐれな物語ではございますが
もう少しだけお付き合い頂けると幸いです。

最後になりますが、次の10年に向けて。

(つづく)

f:id:mab-log3:20210923134758j:plain

f:id:mab-log3:20210923134526j:plain



志摩の海鮮丼屋10周年②

2011年9月1日オープン当日。

大学のサークルの仲間から
お祝いのお花が届きました。

他にもたくさんの方から
置き場に困るくらい頂きました。

そしてそのお花が

「こんなにも勇気をくれるのか」

と、心の底から力が湧いてきたことを
今でも鮮明に覚えています。

次に自分の仲間が挑戦するときは
今度はお返しに応援出来る自分でありたいと
強く思いました。

f:id:mab-log3:20210912145858j:plain

オープンから数日は
怒濤の如く過ぎ去っていきました。

どのように過ごしたかも覚えていませんが
毎日本当にやることばかり
営業はもちろん会計作業、給料計算、雇用保険、シフト作りに、情報発信・・・

「こんなにきつい仕事、本当にこれからも続けられるのか・・・」

と絶望していたことだけは覚えています。

ただ一方で

「みんなやってるし、きっといつかは馴れるはず」

と楽観的な自分もいました。

社会人時代の経験や当時貪るように読んでいた読書の
お陰もあると思います。

とは言え、スタートは問題ばかりでした。

何しろ素人が一ヶ月で準備したお店です。

「自分達が食べて美味しくないものは出さない」

と決めて始めましたが
当時はそもそも地魚に対するモノサシが足りていなかったのです。

今だから言えますが、あるお客様から

「この店は糸島の恥や」

と言われたこともありました。

サービス、味、お客様のご期待に添えなかった
当方の至らなさに対しての、厳しいお言葉でした。

そのときはあまりのショックにスタッフにすら言えませんでした。

それからと言うもの、より一層勉強の日々。

地魚の旬はもちろんのこと、目利き、漁法、神経〆や氷〆等の下処理、
あら汁の臭みの取り方、美味しいご飯の炊き方、知らないことだらけでした。

特に地元の魚については地元の漁師さんに聞くしかありません。

漁師さんって、とっつきにくくて無愛想なイメージですよね?

大体その通りでした笑

挨拶をしてもあからさまに無視されたりなんてことはしょっしゅう。

でもそれはそうです。

いきなり現れた素人の若造に自分が命をかけて獲ってきた魚について
そう易々と話す訳がない。

当時色んな方から「あの店は3ヶ月で潰れる」と言われていたそうです。

九大のやつらが研究か実証実験か分からないけど興味半分で始めただけだろうと。

そんな状況もあって、漁師さんや地元の方とのコミュニケーションは
非常に難しいものでした。

それでも勇気を出して、何度も何度もめげずに聞きました。

とにかくその方の魚を買って、食べて、美味しかったら
美味しかったと素直に伝えました。

すると少しづつ、魚について教えてくれるようになりました。

その教えてくれたことを実践して、また質問して。の繰り返し。

何とか食らいついていきました。

漁師さんにとっては当たり前のことも僕にとっては
本当に興味深く思いました。

魚の話はもちろんですが、
プライベートなことも話すようになりました。

あんなにとっつきにくかった漁師さん達が
こんなに面白い人達だったなんて思いもしませんでした笑

朝からくだらない話で大爆笑することもしばしば。

漁師さん達はどう思われているか分かりませんが
少なくとも僕にとっては楽しい時間です。

今では漁師さんの方から

「良か魚が入ったばい!」「あーたがいると思って持ってきたとばい!」

と電話がかかってくるようになりました。

漁師さんを応援しようと始めたお店ですが
むしろ応援されているのは自分達だと気付きました。

(つづく)

志摩の海鮮丼屋10周年①

2011年8月30日
9月1日のオープンを前にした
プレオープン前日の夜。

僕は自宅で高校時代からの友人と一緒に
スタッフTシャツを作っていました。

デザインやロゴも高校の友人。
併せて作ってくれたシルクスクリーン
インクを載せては1枚1枚手作業で刷る作業。

あまりの手際の悪さに
何枚Tシャツを無駄にしたことか・・・

失敗する度にイライラが募り

「ちゃんとそこ持っとけよ!」
「ほらみろインクが裏に移ったやんか!」

とケンカになるシマツ、、

善意で手伝いに来てくれた友人に対して
何と失礼な態度でしょうか・・・

それでも枚数を重ねる毎に上達し

「この感覚忘れるな!」「あと何枚!」

と深夜までかかり、
ようやく最後の準備が終わりました。

f:id:mab-log3:20210917152746j:plain

そもそも出店が決まってからオープンまで
与えられた日数はわずかに一ヶ月。

今となっては何と無茶なスケジュールだろうと思いますが
当時は本当に本当に何も知らなかったんです。

だからこそ
「頑張れば出来なことは無い」
と突っ走れたんだと思います。

とにかく必死になって
飲食店をオープンするために必要な資格、手続きを調べては
一つづつ潰していく毎日。

店舗作り、什器集めも
当時インテリア会社に勤めていた
高校の友人が中心となってサポートしてくれました。

f:id:mab-log3:20210912150030j:plain

(※写真は2011年8月18日に撮ったもの。オープンまであと12日時点。)

その他にも、脱サラしてから糸島で活動して1年間で出会った
糸島の農家さんや醤油屋さん、クラフト屋さん、内装屋さん、衛生商品屋さん・・・
たくさんの方々が様々な形で力を貸してくれました。

メニュー作りも器の購入も本当にギリギリのスケジュール。

毎日不安で一杯だったけど
たくさんの仲間達のお陰で
何とか楽しく乗り越えられました。

それはまるで高校時代の運動会のように。

青春の残り香を感じたかけがえのない時間でした。

そして迎えたオープン当日。

(つづく)

地魚BANKと産み出すローカルイノベーション

昨日は九州大学でお話する機会を頂きました。

駅前のバル常連様のある先生に

「学生に地魚BANKについて話して下さい」

とお店でご依頼頂き
全然良いっすよ~と安請け合いしたのですが
蓋を開けてビックリ。

「新たなエネルギービジネスのアイディア創出とビジネスモデル構築合同研修」
(兼 水素エネルギーシステム専攻『技術マネジメント』)

水素エネルギー関連で世界最先端の研究が行われている
九大工学部水素研の皆様と九大ビジネススクール様とのコラボ研修。

f:id:mab-log3:20201115160931j:plain

この講義での基調講演を頼まれてしまいました・・・

しかも私の前には
エネルギー分野のベンチャービジネスファンド?
グローバルビジネスヘッド?錚々たるご経歴の方
が東京、オランダからオンラインで講義。

その後、

リアル講義で、

地魚と私・・・

そして講義の後、学生達はグループワークで
ビジネスプランを練るという・・・

だ、大丈夫か??

いや違う。

こういう展開でこそオレは燃える男だったはずだ・・・!!

私のテーマは

「地魚BANKと産み出すローカルイノベーション

いやぁ燃えましたね。

久しぶりにアドレナリンが出ました。

みっちり1時間超、自分の持てるもの全てを置いてきたつもりです。

本当なら、そのまま残ってワークにも参加する予定でしたが
早々に九大を後にして高速で博多へ。

コロナで延期になっていたスタッフの結婚式に参加しました。

12時半からの披露宴、九大から会場到着したのは12時27分!ギリギリ!

いやぁ久しぶりに焦りましたね。

絶対に間に合わないと行けない戦い。

光栄なことに、乾杯の挨拶を頼まれていたので・・・

安全にぶっ飛ばして何とか間に合ったと
早速乾杯の挨拶。

他のスタッフからは「くれぐれも短めに」
と言われておりました。

結婚式のスピーチ、余興、数多くの修羅場を潜って参りましたが
実は乾杯の挨拶は初めて。

ですのでシンプルに言おうと思っていたのですが・・・

同じテーブルの加茂さ〇から

「馬淵、分かっとるやろうな」

と悪魔のささやき。

正にご指名を受け、席を立った瞬間にそんなこと言われたら、、

やるしかない!

そこでとっさに浮かんでしまったネタは

博多華丸・大吉

博多の古い諺

えぇスベりましたよ。

シーンどころかキーンって音がするくらい、スベりました。

せめて加茂さんとのりりんさんは笑ってくれるかと思ったら全然笑ってない・・・

それでもめげずに勇気を持って乾杯させて頂きました、、

f:id:mab-log3:20201115161506j:plain
笑顔一杯、幸せオーラ全開の素晴らしい式でした!

夜は駅前のバル。

僕を講義に招いてくれた先生が
わざわざお店にお越し下さいました。

「馬淵さんの話、最高でしたよ。学生達も喜んでましたし、その後のディスカッションも盛り上がりました」

おぉ・・・
嬉しすぎる・・・
乾杯の挨拶でスベったのが一気に吹き飛びました。。

ちなみに僕がローカルイノベーションを起こすために
必要だと思うこととしてお伝えしたのは

①作用反作用の法則を打ち破る0.0000001ニュートンの力

②地域からの信用

③「目標達成型」と「天命追求型」

自分達がローカルイノベーションを起こしているなんて
とても思えませんしそれを目的とすることはこれから先もありませんが
もしローカルでイノベーションが起こるとすれば、
上記の3つは必須だと考えます。

そして講義の最後には僕が大切にしている

「知性は勇気のしもべである」

という言葉を紹介させて頂きました。

最先端の技術やビジネスの世界には馴染まないと思ったのですが

「ちょうど昨日東大生とのオンライン講義でその話をしたんですよ!」

と、ある先生からも賛同頂きました。

どんなに素晴らしい知性を持って
考えられたビジネスプランや技術でも
勇気を前に臆すれば、
誰かを喜ばすことなんて絶対に不可能だと思います。

安定やノーリスクが当然のように最善だと
叫ばれている中、例え小さな一歩でも
勇気ある挑戦こそが、人間を人間たらしめると思えて
仕方が無い今日この頃。

そう、乾杯の挨拶だって勇気をボケようじゃないか!笑

いつか昨日の参加者の方のどなたかと一緒に
仕事が出来る日が来たら、そんなに仕合わせなことはありません。

きんなかなっとうまめも

糸島地魚ツーリズム推進協議会。
(Itoshima Fishery Tourism Promotion Association)

昨年度より
農林水産省の農泊(渚泊)推進事業に採択され
活動しております。

コロナの影響で、観光・宿泊事業は大きな影響を受けていますが

「糸島の漁師(生産者)が、伝統的に行ってきた漁業(生産活動)の中で育まれた
「考え方(≒漁法や取り組み)」を発信し、共感してくれるお客様を増やすと同時に、
そのお客様に対するサービス(体験、飲食、加工品、宿泊等)を産み出すことで、
今までとは異なる価値形成に挑戦する」

という目的は1ミリも揺らいでおりませせん。

こうやって一同に集るのは久しぶり。

それでもプロジェクト毎に連携しながら
確かに一歩づつ事業は進めております。

昨日は改めて昨年度成果の共有と
今年度事業の進捗、さらには今後の展開について協議しました。

協議会後の懇親会も大盛り上がり。

f:id:mab-log3:20201014133724j:plain
盛り上がり過ぎて、飛び交う糸島弁が全く分からない!笑


ただ協議会の中核団体である弊社にとっては
これまでの活動の成果をお披露目する場でもあります。

「駅前の魚屋さん」で販売予定の「地魚惣菜」
あき郎さん直伝の「地魚握り」や
山口シェフ秘伝の「糸島ブイヤベース」
デザートには「枝豆ジェラート

をお召し上がり頂きました。

f:id:mab-log3:20201014135024j:plain

f:id:mab-log3:20201014134634j:plain

f:id:mab-log3:20201014134738j:plain

f:id:mab-log3:20201014134647j:plain

f:id:mab-log3:20201014134717j:plain

どれも本当に喜んで頂き一安心。
引き続き渚泊の目玉として、育てて行きたいと思います。

中でも「枝豆ジェラート」は
実際に枝豆を作っている松﨑さんが参加していたこともあり、
「これは美味い!」「もっと売ったら良いのに!」と大注目。

f:id:mab-log3:20201014134747j:plain

ただ例年同様、枝豆の収穫期=稲刈りシーズン
で人出が足りなくて今年はもう収穫は終わりとのこと。

「もう枝豆は食べられんと?」

「いえ、見た目はきんなかなっとうまめばってん味は美味しいです」

「そんなんもったいないやん!」

「人が足りなくて・・・」

「このジェラートが作れんくなるやんか!じゃあ俺らが明日行くたい!」
「私達も行きたい!」

ということで
今朝8時半から協議会メンバーで枝豆の収穫!

f:id:mab-log3:20201014135238j:plain

f:id:mab-log3:20201014135235j:plain
本当にみんな(加茂●ん以外)来た!笑

それにしても楽しい!
通常農業の収穫体験は日中がメインですが、
朝の収穫がこんなに気持ち良いなんて!

急遽決まった収穫体験ですが
農泊事業としても収穫がありました。

枝豆は房にばらして水洗いして脱水するところまで
しっかりやりました。

f:id:mab-log3:20201014135245j:plain

後は茹でた枝豆を一つづつ房から出し、
ミキサーで潰してから(この作業が大変!)、
ロイターマーケットさんに美味しいジェラートに、
食べる直前にまたいちの塩をかけて出来上がり!

今年は船越のカキ小屋でも食べられるかも?

作業後は松末稲荷神社にお参り。

f:id:mab-log3:20201014134805j:plain

この景色、この空間を作り出す一次産業の価値、
キロいくらで測っていたら、もったいない!